クルーズ船で巡るカリブ海や地中海、ペナン島周辺にある世界遺産をご紹介します。

クルーズ船に乗って世界遺産を観光

 

世界遺産を巡るクルーズ旅行

クルーズ旅行では、空路でのアクセスが悪い地域に立ち寄ることができます
また、世界2大クルーズ地として人気を集める地中海とカリブ海は世界遺産の密集地帯

 

世界一周クルーズやショートクルーズでも、ツアーによって寄港地が変わってくるので、興味のある寄港地を巡るルートのツアーを選びましょう

 

今回はクルーズ船の寄港地周辺にある有名な世界遺産をまとめました。

 

 

カリブ海の有名な世界遺産

クルーズ船で立ち寄れるカリブ海のビーチ

 

ベリーズ

地球の入り口と称されるブルーホール(世界自然遺産)や、アルトゥン・ハ遺跡が有名です。
特におすすめはブルーホールで、海系の自然遺産では世界屈指の人気です。
オプショナルツアーでは小型飛行機で上空から眺めるプランが用意されています。

 

 

コズメル(メキシコ)

マヤ遺跡の代表的な存在のひとつであるトゥルム遺跡が定番の観光コースです。
カリブ海クルーズでは、高確率で寄港地に含まれています

 

 

地中海の有名な世界遺産

 

ジェノバ(イタリア)

建物と街並み、通りが全て丸ごと世界遺産になった珍しいエリアです。
パラッツォ(宮殿)が立ち並ぶ街並は圧巻ですよ!

 

 

ラスペツィア(イタリア)

こちらも街並みが世界遺産に登録されています。
カラフルな色の外壁をした時代を感じる建物がとても綺麗です。

 

 

パルマデマヨルカ(スペイン)

世界遺産に登録されているのは街から眺められるトラムンタナ山脈です。
世界的にも珍しい木製電車で世界遺産を見ながら電車旅を楽しむのが人気のスタイルです。

 

 

ミコノス島(ギリシャ)

ミコノス島からフェリーですぐのデロス島が世界遺産に登録されています。
ミコノス島も白い宝石と称される白い建物が立ち並ぶ街並みが絶景で、世界有数のリゾート地として人気を集めています。

 

 

クシャダス(トルコ)

ビーチリゾート地として有名ですが、港の近隣に世界遺産のエフェソス遺跡があります。

 

 

ロードス島(ギリシャ)

島そのものが世界遺産に登録されています。
十字軍として島を占領した聖ヨハネ騎士団が築いた建造物が立ち並ぶ中世の時代が強く残る人気エリアです。

 

 

クレタ島(ギリシャ)

多数の遺跡が残る歴史好きにはたまらない人気エリアです。
特に有名なのはクノッソス宮殿です。

 

 

バルセロナ(スペイン)

地中海クルーズの発着地としても有名なバルセロナは、名建築家「アントニ・ガウディ」が手がけた7つの建造物が世界遺産に登録されています。

 

 

その他の地域のクルーズ船で巡る人気の世界遺産

クルーズ船で立ち寄れる基隆

 

基隆(台湾)

海岸線に形成された異質で異様な海蝕奇岩がある野柳地質公園が世界遺産です。
このほか、世界遺産ではないですが千と千尋の神隠しの舞台になったレトロな街並みが人気のエリアです。
日本発着のショートクルーズの寄港地になっていることもあるので、チェックしてみてください。

 

 

ペナン島(マレーシア)

中心街のジョージ・タウンが世界遺産に登録されています。
多民族・多文化社会が色濃く残されている独特の雰囲気が特徴です。

 

 

ハワイ島(アメリカ・ハワイ)

ハワイでは唯一の世界遺産、キラウエア火山があります。
飛行機の旅だとハワイ島まで足を運ぶハードルが高いですが、クルーズ旅行ではハワイ4島を巡るツアーが人気を集めています。

 

ツアーが決まったら部屋選び!